お口の健康と健康寿命


お口の健康は、全身の健康を保つためにとても重要で、特に「健康寿命」とは深いつながりがあります。「健康寿命」とは「日常で介護を必要とせずに自立した生活のできる期間」を指します。

厚生労働省が2016年に発表した数値では、健康寿命の平均は男性72.14歳、女性は74.79歳でした。一方、平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳ということでしたが、健康寿命と寿命の間に、男性は約9年、女性は約13年の差があり、この差の期間は、介護などを必要とする期間にあたります厚生労働省は、運動や食習慣などを改善することで健康寿命を1.6年以上延ばす事を推奨していますが、高齢になると、認知症や寝たきりといった問題も生じてきます。そして、実は、認知症や寝

さらに、心臓病や糖尿病などの発症や悪化に、歯周病が深く関わっていることも分かっています。たきりといった問題に、お口や歯の健康が深く関わっていることが分かってきました。

世界各国から、天然の歯がたくさん残っていると全身疾患のリスクは低くなり、長生きできるというデータが報告さ

れています。歯がある人と無い人を比べると、残りの寿命に大きな違いが出てくるのです。超高齢化社会に向かって、今後、認知症はますます課題になっていきます。歯があって「噛める」という刺激は脳に良い刺激となりますが、歯が無くなってしまうと、この刺激が低下します。歯周病菌の誤嚥による誤嚥性肺炎が原因で亡くなる人も多いことがわかってきています。

全身の健康を保つために歯科医院でのメンテナンスを継続することによりお口の健康を守りましょう。

3 views0 comments

Recent Posts

See All
受付の花子さん.png