抜歯は痛みが落ち着いたあとで


皆さんは突然歯の痛みに襲われたことはありませんか?

最初は軽度でも徐々にひどくなり、耐えられないほどの痛みになる場合もありますよね。

原因は歯周病、歯の根の部分、親知らずの周辺の細菌感染により

炎症をおこしているなどが考えられます。

そのまま放置しておくと顎の骨やその周りに炎症が広がり、

歯茎は腫れ、歯がうずき、グラグラしてきます。

原因となっている歯を抜くことで、すぐに良くなりこの痛みから開放されるのであれば

一刻も早くこの歯を抜きたくなるとお考えになる方も多いと思います。

しかし炎症のある状態で歯を抜いてしまうとその刺激によって

悪化してしまうことがあります。

このような場合歯科医院では抗生剤などを使用して症状がおちついてから抜歯します。

誰しも急に歯が痛くなるのは辛いですよね。

やはり日頃より定期的に歯科を受診するように心がけ原因になりそうな歯の

メインテナンスを受けることをおすすめします。

かかりつけの歯科医院がない人はぜひご自身にあったかかりつけ歯科医院を見つけて

急に困ることのないよう日頃より気をつけたいものですね。

6 views0 comments

Recent Posts

See All
受付の花子さん.png