審美歯科

審美タイトル画像.png
人間の歯は単純な白色ではありません.歯の形状や年齢により一人ひとり色が違っているのです。また歯の形も人により違います。単純に白い歯を入れるだけが審美歯科とは言えないと私たちは考えています。そんな私たちの審美歯科に対するこだわりについてご紹介いたします。
ホーム帯ぼかし緑.png

1.いきなり本物を入れるのではなくまずは噛み合わせや歯肉との調和を図るための仮の歯(プロビジョナル)

あくまでも人間が作ったものは歯の形をした異物です.それを私たちの体がちゃんと受け入れてくれるのか?様子を見る必要があります。これを無視していきなり本物のセラミッククラウンを口の中に装着しても体は必ず拒否反応を「炎症」という形で返してくれます。そうならないようにするためにわたしたちは審美修復をご希望される患者さんに対しては必ずプロビジョナルを装着して噛み合わせや清掃状態のチェックを行うようにしています。清掃方法については患者さん一人ひとりに担当衛生士が個別にアドバイスをさせていただくことができますのでご安心してご相談下さい.

TEK.jpg
ホーム帯ぼかし緑.png

2.色へのこだわり 納得していただくために

目に映る色は人それぞれ違います。今あなたが見ている白色は私がイメージする白色とは違っているかもしれないのです。これは歯を実際に作成する技工士と診療担当スタッフの間でもよく起こりうることなのです。そこで当院では製作担当歯科技工士自らが色合わせを行うことによりその問題を解決しています。とても手間のかかることなのですが、当院の審美修復に対する色へのこだわりです。

IMG_6816.JPG
岡山市北区楢津予防歯科大月歯科医院受付の花子さん